団地妻エロ漫画 インポの夫と夜の夫婦生活

エロ作家の飛鳥類さんの漫画のご紹介。
団地妻エロ漫画になります。
漫画のタッチがきれいなので、サクサク読めると思います。
大きな画面のパソコンより、スマホのほうがいいと思いますので、
スマホでブックマークお願いします。
20代のまだ若い夫婦が団地に引っ越してきました。
旦那さん曰く「環境が変われば、俺のインポも治る」だそうです。
20代のED夫と結婚してしまうなんて、奥さんもかわいそうですね。
奥さんは、夫にインポは自分にも責任があるとかんじているみたいですが。
団地への引越も終わり夜が来て、さっそく夜の夫婦生活がはじまります。
奥さんは、渾身のフェラチオをしているのですが、どうも夫のチンポの勃ち具合がよろしくないよう。
奥さんは、バキュームフェラをしてみたり、亀頭の先っちょをチロチロ舐めたり、いろいろ試行錯誤しますが、
夫のペニスは役立たず。
ED夫は苦し紛れに「俺は勃たないけど、我慢できない」とか言いながら、奥さんにクンニをはじめています。
結局セックスはできず…
奥さんは、涙を流しながら「早くインポ治って」と心の中でささやきます。

タイトル:カギ穴〜覗かれた団地妻の淫らな実態〜
作者:志峨丘トウキ 飛鳥類

カギ穴〜覗かれた団地妻の淫らな実態〜


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする